« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »

2008年02月24日

アイアンヘ・・・チャンピオントーナメントだったー!!

アイアンヘイローカードのチェックは全部埋まったものの、もっともっとゲームして、動きになれようと神保町に、昨日行ってきた。

「こんちわー」
「おお、八百さんいらっしゃい!今日は何ポイントお持ちで」
「アイアンヘイローのファンタジー1000ptです」
「じゃぁチャンピオントーナメントご参加で!」
「え!?」

イベントスケジュールみてなかったー!!

という訳でアイアンヘイロー編成でチャンピオントーナメントに参加してしまいました。
編成は以下。

エグザルテッドディーモン「絶望の運び手スラシュロット」
→スラーネッシュレベル2ウィザード。催眠の芳香(接したユニットの接と敏が半分になる)
ビュレイシャーマン「まだ無名^^;」
→ビーストレベル2ウィザード ビュレイスタッフ ケイオスアーマー (超硬い!)
デモネット×15
ヒューリー×9
ビーストハード フォーレンダー×1、ゴール×11、アンゴール×8


まず1戦目。 Kさんのエンパイア。グレートキャノンが二門も!!しかも、丘を取られる。こりゃまいった。しかも、ウィザードは光の魔法体系を!!この体系、ディーモンとアンデットに滅法強い! しかし、ビュレイシャーマンも気合で馬の足止めする魔法をゲットする。うほう!

配置時の作戦。「右フック!!」機動力の高いスラネ・ビースト編成だからできる大胆かつ一度はやってみたかった作戦。
実は先週KAZさんのトゥームキングにボコボコにされてからかなり研究してました。

つまり盤面中央のデモネットを基点に、盤面右から機動力の高い部隊を相手後方に叩き込み、八百から見て左手奥にある丘の上の砲座を狙う作戦です。ちなみに右手奥に丘があるなら左フックでしたが、なんとなく今までの八百の経験上、右手に機動力の高い部隊を置いたほうが上手く行くことが多い気がします。

色々あって成功! フューリーが3匹だけ生き残った状態で、砲座陣地に肉薄、これを撃破しました。
デモネットのほうは、盤面中央でナイトとアウトライダーのニ部隊とにらみ合い、実質的にロック。その間にビーストとエグザルテッドディーモンは森を突破あるいは迂回して、右翼から相手歩兵に肉薄。これを逃走させます。決め手は
クマー!!
獣の魔法体系のアレです。
実は何ヶ月も前に、マイミクのキムさんがエンパイアウィザードにクマー!!してから、「なんとぶち殺り感溢れる魔法なんだ!どうしてグァーグマジックに無いんだろう!」と非常な関心を持っており、これをビュレイシャーマンに使わせたらどうなるだろうと思っていて、ようやく、ようやくその思いを果たせたのです。
この魔法を使ったビュレイシャーマンは、色々アレがアレしてなんと、かの伝説の魔獣シャゴスと同等の戦闘能力を誇るのです!
ああ、なんという凶悪さ。レルムオブケイオスにいらっしゃる主よ、ご照覧あれ!あなたたちの寵児たるビュレイシャーマンの「まだ無名^^;」は今、ウォーハンマー世界でもある意味最強に近いスペルキャスターになったのです!
・・・はぁはぁ・・・

というわけで、主力ニ部隊をひきつけている間に後方をかき回し、何とか勝利を収めることが出来ました。・・・内輪揉めが無いアーミーは自分の思っているとおりに動かせるので物凄く強い・・・!


2戦目。Mさんのハイエルフです。実はMさんは何度もお店で会っているし、40kのチームバトルなどで対戦していたりするのですが、ファンタジーでは初めてかもしれません。
今度はボルトスロワーが・・・!
しかもハイエルフのヒーローが魔法の弓をビシバシ撃って来ました。まほうの弓てwwwww
ディーモンセーブ魔法にはきかねーwwwww
打たれたら超やべええええwwwwwっうぇwww

テーブルは同じテーブルで、さらに丘もとられてしまいました。
というわけで再び作戦は「右フック」
なんと言っても恐ろしいのがボルトスロワーとアーチャー。エンパイアのキャノンやハンドガンナーよりも確実に当ててくる分だけ脅威です。まずフューリーがあっという間に半減し一時はボルトスロワーのクルート接近戦に持ち込むも、あっという間に返り討ち。エグザルテッドディーモンも傷が残り1まで追い込まれます。

そこまできて右フックがヒット!
まず盤面中央のスピアマンとデモネットが激突。デモネットは攻撃兵種に見えて実は防御兵種ですので(ディーモンの戦闘結果の処理がまるで鋼鉄の意志のような能力)、殴り合いをしている横手から、クマー!!率いるビーストハードが激突!これを逃走させます。

ソードマスターに対して残り1点となったエグザルテッドディーモンが横手から突撃。いつもは先手が取れるハイエルフも、このエグザルテッドディーモンには逆に先手を取られます(先制攻撃+相手の接と敏が半分に)。突撃したターンこそ、隊列・兵力・旗で負けましたが、その後のターンはソードマスターをグリグリとすり減らしていき、ついにはビーストハードも突っ込んで逃走させることに成功します。

というわけで、また勝利させていただきました。
追記としてゲームが終わった直後に「どうしてもエグザルテッドディーモンを打たせて欲しい!!」とMさんが言うので、ギャラリーの見守る中、ゲーム終了後、一矢放たれました。結果は命中!
数多くのハイエルフを美しく虐殺し、快楽の中で果てさせたエグザルテッドディーモンも魔法の矢に倒れたのでした。


3戦目はオーク&ゴブリンのI君。なんと小学生です。恐らく夏ごろに一緒に遊んだことがあるような気がします。
さて、編成は、ブラックオークとビガンズを中心にした1000ptグリーンスキンにしては数の少ない編成。とはいえこちらよりはだいぶ多いです。

配置の時にはたと気付きます。
今までのエンパイア、ハイエルフは騎兵、歩兵、砲兵のバランスが取れていて、どこを崩せばバランスが崩れるのかがよくわかったのですが、今度は戦力が均質化していて何処を狙ったら良いかわかりません。特にフューリーが突撃してうまみのあるユニットがほとんどありません。こりゃまいった。

戦闘開始してしばらく、I君はナイトゴブリンシャーマンをまるでエグザルテッドディーモンを誘うかのような位置に移動させます。
「あれ?そこにいると突撃されちゃうよ?いいのかな?」
「ふふふ・・・こいつに突撃すると凄い目に会いますよ」
と不適に笑うI君。ぬぬぬ・・・一体何を持っているというのだ、アレか?それともアレか・・・?しかし、凄い目と聞いたら味あわねばなりますまい!スラーネッシュとして!
「じゃぁ・・突撃!!」
「!!?」
驚愕するI君。さぁ凄い目を見せてくれ!
「・・・実は何も持っていません」
なんと! ブラフだというのか! こっちが驚愕した。本当に何か持っているかと思った。なんでもすぐ突っ込みたがる八百相手ではなかったら非常に有効なブラフだったと思う。

そしてその後
「グァーグを宣言します」
「おー!? そんなのあったねー!!ww」
意表を着かれる八百。いつも自分で使ってるのに。躍進するビガンズとブラックオーク。しかし届かない。
「ビガンズはきっとデモネットに届かないだろうなぁ・・・突撃します」
なんと、男気を見せてきたか。おじお兄さん、男気を見せるのは嫌いじゃないぜ。
「で、このビガンズはゴルク神のグァーグ旗を持っています」
「なにぃぃぃぃ!!!?」
突撃時の移動力が一回だけあがる旗です。デモネットが突撃され、あっという間に削られていきました

このあたりから八百も大人気なく全力で反撃します。フューリーはブラックオークに壊滅させられたものの、スパイダーライダー、オークチャリオットの突撃を耐え切ったビーストハードがビガンズの横手に突撃し、追い詰めました。

ポイント計算した結果、ギリギリで引き分けでした。どっちにギリギリだったかというと・・・八百がもう少しで負けそうでした;;
なんて恐ろしい子!!


そんなこんなでアイアンヘイロー編成で、チャンピオンシップトーナメント、予選通過してしまいましたうわお!!

投稿者 waieo : 18:13 | コメント (2) | トラックバック

2008年02月11日

アイアンヘイロー進み具合その三

ここのところビーストハードを塗ってた。

あとビュレイシャーマン1体で完成する見込み。そろそろゲームやらねば。


バナー。



アンゴール。



まんなかはフォーレンダー。毛色を白っぽくして、老練さを表現したつもり。

投稿者 waieo : 22:39 | コメント (0) | トラックバック

クサイは正義!

はい、メタルPV紹介のお時間がやってまいりました!
今まで全く持って反響ゼロだが、俺のモチベーションだけは高いぜ!
これをマスターベーションって言うんだぜ!
洒落だぜ!Coooooool!!

今日は、「クサイ」について紹介する。

ヘビィメタルでは疾走感溢れ、狙いすぎなメロディ、独走するギターソロなど、総合的に、やりすぎ感あふれる曲を「クサイ」と表現する。ファブリーズもってこいとか。ニコ動のメタラーちょっと来いあたりのタグを見てみりゃわかるがねー。
カッコイイとクサイは紙一重。お前のバカと俺の天才との差も紙一重。その差はどこにあるのか。今回は俺と一緒にその差を体験してみようぜマスターベーション!!(二回目)

1曲目 Skid Row 「Sweet litle sister」

テラナツカシス!!
俺と同じ年代なら、中学生あたりの時に耳にしたことがあると思う。いやーこのくらいなら純粋にかっこいいんじゃないの!?
「すぃーりろっしすた~~~♪」のあたりはちょっとクサイけど、そこが良いだろ。


2曲目 Helloween 「Sole Survivor」

ハロウィン絶対来ると思ってただろ? 思ってない? マスターベーション!!(3回目)
ライブでここまでやれるのはSugeeeと素直に思う。
「そおーーーおっさばいばー!」はかなりクサイがまだファブリーズは要らない。


3曲目 X Japan 「Silent Jealousy」

クセェェェェェェ!!!wwwww
洋楽しかこないと思ってたろ? いやー実はクサPVを探している途中で偶然行き当たって、改めて聞いてみると、あまりのクササに追加しただよ。カラオケで歌えるようにもう一度練習してみようかな。
いやーオープニングのYoshikiのピアノが一番クサい!


4曲目 lost Horizon「Again the Fire Will Burn」

ここから、本格的にクサくなる。本場のクサメタルは、「どうしてこんなPVをとろうと思ったんだ??」と首を傾げるほどにクサいのだ。まぁ、彼らは次元を超えて正義のために戦いつづける戦士らしいからなぁ・・・。(メンバー紹介にWarriorって書いてあるぐらい!)
しかし、ボーカルとギターが脱退してもう活動停止状態なのだ。このバンド、クサすぎるのが鼻につくが、良いバンドなのに。
何を隠そう、サヴェッジオークを塗る際に、ウォーペイントの参考にしようとしたぐらいだ。(そして参考にするのは辞めた。)


5曲目 DragonForce 「Through the Fire and Flames」


うわああああくせぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!
俺、今年に入って初めてこのバンドのこの曲聴いたけど、未だかつてこんなにクサい曲を聞いたこと無かったよ!すぐにCD買ったよ。俺の負けだよバカヤロー!!
中学生ぐらいの時に聞いてたら、俺の人生が狂ってたぐらいの猛烈なクサさだよ。もはやどこがサビだかわからんぐらいだ。
流石、「速いは正義」を標榜するだけあって、ツインリードの二人の早弾きには定評がある。・・・ライブは割と酷いらしいが。
「そーふぁーらーうぇーいうぃうぇいふぉーざでーいえ~~~♪
ふぉおざらいぶそーそうぇいすてぃでんご~~~ん♪
うぃふぃざぺーいおばらいふたいろすいんなさうざんでい♪
すーざふぁいあんざふれいむすきゃーりーおーん♪」
このフレーズがクサすぎて涙がでる。みんなも覚えるんだ!!

投稿者 waieo : 20:31 | コメント (4) | トラックバック

2008年02月03日

ぎっくり腰

いてーよ!!
動けねーし寒いし大変。

トイレ行くのも重労働。なのに腹ばかり減る。
実はこのPCの前にくるまででも大冒険だった。

さて・・・どうやって戻る??

投稿者 waieo : 17:47 | コメント (4) | トラックバック