« 2016年05月 | メイン

2016年11月01日

艦これのプレイ記憶2016年冬編

・2015年秋~2016年冬戦間期
枯渇した資源、バケツの回復を図りつつ、なおも戦力の充実に勤しむ。


この間のケッコン艦は、初の駆逐ケッコン艦となった雪風と大井。双方とも今までのイベントで主戦力として戦ってきた当鎮守府きっての武勲艦である。
振り返るに資源とバケツの消費が激しく、毎回のイベントが終わるたびにその実戦力は疲弊しきっていたのが実情だった。
特にバケツの回復は絶望的で、2015夏イベント前には1200弱まで所持していたバケツだったが、その後、二度と4桁まで回復することは無かった。
また、イベント以外でのバケツ使用を禁止したことは、戦間期でのレベリングに制限がかかることになり、インフレする深海棲艦との戦力差はじりじりと開いていく。
装備改修不要論から、装備改修も所持していない装備を得るために「念のためやっておく」程度にとどまり、艦、装備共に急速に時代に取り残されていく。

にもかかわらず、今まで勝ち進んでいた慢心から「甲勲章を易々ととっている」という誤った認識を持っていた。甲以上の難易度を欲していたのもこのあたりからだ。
その慢心は後に悲劇を招く。

・2016年冬イベント「敗北に向けて猛然と」
誤った認識のまま準備をし、迎えた冬イベント。
しかしながら、ここ数年のイベントの中では最も難易度が低いと感じられるものだった。

二度目の登場となる潜水棲姫。今回は連合艦隊ではないため、敵の攻撃も通る。だがしかし、対潜装備が充実した当艦隊の敵ではなかった。

T字有利を引くまで粘り、撃破。

続いてのE-2では上ルート、下ルートの選択式であった。
上ルートは史実通りの軽めの編成。下ルートは火力にものを言わせた重量級の編成である。
疲労抜きが面倒なので、上ルートで1編成、下ルートで2編成用意し、交代で攻略を図る。

しかし、ここで悲劇が起こる。

このイベント直前に改二にした霞を、装備させたWG42ごと誤操作で轟沈させてしまったのだ。
まさに慢心である。初心者のころに轟沈させてしまった経験はあるが、ここにきてやってしまうとは思わなかった。動揺が走る。

かたき討ちとばかりに猛烈な攻撃を加える再編成艦隊。
ボス撃破に成功するも、霞は浮上しないし、WG42は戻ってこない。
ここでWG42を失った代価は非常に高くついてしまう。

最後のE-3は実質2マップ分の手間が必要となる。まず輸送作戦を行い、その後ボスと戦うのだ。

妖怪4足りない。
せっかくだから1足りないを狙うべきであった。
そんなこともありつつ、後段作戦、ボスの撃破を狙う。
しかしE-2で霞を轟沈させてしまいつつも、まだ慢心していた。最初最短ルートでボス到達も、あっさり撃破に成功したために、この簡単すぎる難易度に納得できず、わざと初手右の遠回りルートを選択。実に40回近くラストダンスを行う。当然ながら、資源とバケツを湯水のように浪費していった。
ここで慢心せず、下ルートでの攻略を選択していたら・・・今でも悔やむ選択である。
結局燃料を2万6千も浪費した結果、右ルートを断念、翌々日に下ルートで突破した。

SSのタイミングがずれてしまったが、雪風がとどめを刺した。
流石当鎮守府のエース駆逐艦である。


感覚的には今まででも難易度の低いイベントであったし、今回も甲勲章を得ることができた。
しかし結果は散々で、霞の轟沈、WG42の喪失、資源とバケツの枯渇を招いた。
ここで悟ることになる。八百ノフドクトリン最後の勝利がこのイベントであると。
そして次のイベントでの敗北は必至であると。

投稿者 waieo : 13:49 | コメント (0) | トラックバック